トップページへもどる


ハートの画像 ハートフルコンサート ハートの画像

ハート毎月1回、トヨタ記念病院でボランティア演奏をさせていただいています。ハート


ハート会 場:トヨタ記念病院 北病棟1階 ピアノホール

ハート日 時:毎月1回 午前11時〜12時

ハート new♪演奏日とプログラム・演奏日の感想・写真♪
           ※過去のプログラムもご覧になれます♪

ハート内 容:ピアノ・ソロ、ピアノ連弾、ミュージックベル、うた
      その他、電子ピアノでピアノ以外の楽器の音色を
      楽しんでいただいたり、珍しい民族楽器や、
      手作り楽器などの紹介と演奏をしています。


ハート♪このボランティア演奏の経緯♪

ハート 生 徒 の み な さ ん へ 


2009年5月13日

2009年12月23日
トヨタ記念病院が年に4回発行している患者様向けの情報誌
Smile&Heart 2006年夏号の表紙に掲載されました。
(2006年3月29日撮影)
入院案内パンフレットの写真

病院の入院案内パンフレットより
2004.3.30撮影

毎月病院内に掲示されているポスター
(2004年12月版)

ハート 生 徒 の み な さ ん へ ハート
一緒にボランティア演奏に参加しませんか?
人前で弾く機会を多くすることで、あがらないで弾く練習になる
聴いてもらえる演奏を目指して練習に励むことができる
自分だけが満足できるだけではなく、人にも満足していただける喜びを感じることができる
「自分のために」だけでなく、「誰かのため」に演奏することで、
  「気持ちをこめて、それを相手に伝えるために・・・・」
  と、本当に音楽の意味や力を感じたり、がんばれたりします。

・・・・などなど、あげればキリがないほどのメリットがありますよ♪(^^)
 気軽に相談してくださいね(^^)
「連弾」や「うた」、他の楽器や、その他お手伝いだけとか、聴きに来るだけでもいいですよ♪


募集要項
ハート 会      場: トヨタ記念病院 北病棟1階 ピアノホール
ハート 開 催 時 間: 午前11時〜12時
ハート 集      合: 午前10時30分に当教室レッスン室、
または10時40分にトヨタ記念病院ロビー
ハート参加希望の方は: ★コンサート1ヶ月前までにお知らせください。

★演奏曲は、最低2回、レッスンを受けてください。

★コンサート8日前までに(コンサートが水曜日の場合、前週の火曜日までに)
以下の項目をメールで送ってください。
 (コンサート1週間前に、このサイトにプログラム・コメント掲載のため)

  ・演奏曲名
  ・作詞・作曲・編曲者名
  ・曲に関するコメント

★コンサート終了後、感想文を1週間以内にメールで送ってください。
このページのトップへ

トップページへもどる


ハート私がこのボランティア演奏を始めたきっかけと経緯ハート

私の母は、1999年の夏頃から肝臓を患い(肝硬変)、通院していたのですが、
2000年春、たまたま検査で『大腸ガン』であることがわかり、
トヨタ記念病院に入院し、手術を受けました。
肝硬変の患者は、肝臓への転移の可能性が大きいと言われていましたので、とても心配でしたが、
幸い転移はなく、今はガンの兆候はなく、肝硬変も進むこともなく、そこそこ元気に暮らせています。

母の色紙「女医さんに 命救われ 五月晴れ」
母が退院するときに、お世話になった先生に
お礼の気持ちを込めて書いた色紙です。

トヨタ記念病院の方々には、そういうことでたいへんお世話になりましたし、
これからも通院ということでお世話になりますので、
大げさですが、何か私でもできる「恩返し」はないかなと思っていました。
そして「ハートフルコンサート」をやってみようかなと思い始めたのですが、
自信がなく、なかなか決心できずに1年半ほどの月日が経ちました。

しかし、2つの出来事が私の背中を押してくれました。

2002年春、大阪の友人いっしぃさん(現在は神戸在住)の
「人前結婚式」でのピアノ演奏を依頼され、
2002年6月23日の式と披露宴の合計2時間40分の間に、20数曲、演奏しました。
「やればできるじゃん♪」と、少し自信が湧いてきました。

そして、2002年7月10日音楽の相談室(掲示板)
愛知県岡崎市でピアノの先生をされている「にゃ〜さん(中根智子先生)」が、
「一緒に、連弾したり、サロンコンサート(夢・…)をしていただける方はいませんか。
できれば車で1時間までの距離か、愛知県内の方を探しています。」
という書き込みをされたことです。

その二つの出来事がきっかけとなり、
このボランティア演奏を始めることになったのです♪(^^)

そして、2003年4月から、丹羽ピアノ教室の生徒も演奏に参加することになり、
2003年5月をもって、諸事情により、にゃ〜さんとは別の日程で演奏することにしました。
2002年9月〜2003年5月までの9か月間、いろいろとお世話になりました。
おかげでこのボランティアを続けられる自信もつきました。ありがとうございました。

2003年6月以降は、当教室の生徒たちが随時参加していきます。
ピアノだけでなく、ピアノ弾き語りや、マンドリン、フルート、ギターなど、
他の楽器の演奏も随時、織り交ぜながら、より楽しいコンサートを目指します。

2003年9月は、病院の都合で中止になりましたが、
10月より会場が「北病棟」に変更になり、再開できることになりました。
これからは、入院患者さんやそのご家族、
お見舞いにいらっしゃった方々を対象に演奏することになりました。
そのため、今までのように自分の知り合いの方に偶然、
お聴きいただけるということはなくなりますが、
これこそ、本当の意味での「ボランティア」になるので、
今まで以上に頑張って心のこもった演奏を♪と思い、はりきっています。
どうぞよろしくお願いします。m(__)m

なお、プログラムは今までどおり、載せていきます。
ここをご覧になられた方が、今まで以上に音楽に興味を持ったり、
楽しんで音楽と関わっていくことのお役に立つことがほんの少しでもできれば・・・・
と思うからです。


その後は・・・・?
2003年4月29日  初めて母の診察日と重なり、両親に初めて聴いてもらえた日
2004年10月  母が眼科系の手術で入院し、またまたお世話になりました。
2005年9月  母が大腸に「影」があるとのことで再入院し手術を受ける。
 早期発見だったので1泊2日でした。
2006年2月  母が眼科系の手術で入院し、お世話になりました。
2007年4月  父が病気になり、通院し始めました。
2008年5月〜  私も3ヶ月に一度、お世話になっております。(汗;
2009年2月  父が北病棟3階の部屋に入院。(2月2〜5日)
 いつも自分が弾いているピアノを吹き抜けの3階から眺めてみて、
 聞き手の立場で見て聴く心境がよくわかりました。
2009年5月〜  両親とも体調が悪く、いろいろな検査・診察を受けています。
2009年6月〜8月  父が入院し、お世話になりました。
2009年9月〜  両親・私、通院でお世話になっています。
2010年2月11日〜2月25日  父が入院し、お世話になりました。(最後のコンサート)
2012年10月16日〜10月29日  母が入院。今まで数回入院しましたが、今回初めて私のコンサートの日と重なり、
 聴いてもらうことができました。(10月24日のコンサート)
2013年8月24日〜10月22日  偶然にハートフルコンサート前日に母が入院。
そして偶然にも、母の好きな曲ばかりのプログラムでした。
詳しくは、レッスン日記で。↓
レッスン日記「音楽に感謝!」
 2014年1月25日  母が私に誕生日プレゼントとして、させてくれた最後のコンサート
よろしければ こちら もお読みいただければと思います。
2014年4月5日 ★父の自叙伝 「私の一生」(PDFで開きます)
★母の自叙伝 「昭和を生きたお転婆娘」 「写真集」 参考資料(PDFで開きます)

このページのトップへ

トップページへもどる